Skip navigation
その国専用のコンテンツを見るには、国または地域を選択してください。
おすすめ
  • 提案はありません

生体認証について

生体認証は、私たちの日常生活により身近になってきています。事実、生体認証でスマートフォンのロックの解除をしたり、支払いのための暗証番号として使用したり、アクセスの承認に使用されています―これらすべては、個人に特有の身体的特徴を使っているものです。

なぜ生体認証か?

指紋や目の角膜などは偽造することが非常に困難で、パスワードと併用または暗証番号やカードなどのディバイスでの認証のどちらかを使うことにより、完全なセキュリテソリューションとなり、安全性の高めます。

ビジネスシーンにおいて、生体認証は内部システム、ファイル、情報やデータにアクセスするのに安全性の高い識別要素です。また、認識の方法も指紋をセンサーにあてたり、カメラを見つめるだけなので、とても簡単です。

image_whybiometrics_reduced.jpg

企業などの大きな組織は、IT部門は生体認証を従業員のアクセス権限やパスワードを管理するために有効に使用することができます。

あまり難しくならないように言うなら. . .

他の認証と同様に、生体認証も指紋データも偽装や複製をされにくいほど安全です。なので安全かつ正確に、生体認証データを集めて保存し、データとして転送される必要があります。

FIDOテクノロジー

FIDOテクノロジーは、セキュリティ分野で最も素早く安全に認証を行える認証標準です。

photo_WindowsHelloSupport_reduced.jpg

Windows Hello™やWindows Hello for Businessなどの仕様のサポートなども行っています。

ビジネスにおいてのセキュリティや、既存のITインフラに融合できるシステムとして理想的です。ユーザーは、自信の暗証番号を保持しつつ、IT部門は従業員のアクセスや権限、パスワードを管理できます。

安全な暗号化とデータ転送

安全な暗号化とデータ転送

Match-in-Sensor™テクノロジーなどの最新セキュリティ技術は、センサーモジュールに暗号化された指紋データを保存しますが、Match-on-Hostシステムは、センサーとホストディバイス間を暗号化されていない指紋データが転送されます。

偽造防止テクノロジー

偽造防止テクノロジー

本人拒否率(FRR)と他人受入率(FAR)の高い業界水準を満たしています。

認証テクノロジー用語と意味

chart_terminology@2x.png

わざわざリスクを冒す必要はありません。

データの紛失は、企業の信頼を失うだけでなく、毎年数十億円もの損失を企業にもたらしています。Verizon 2017 Data Breach Investigationsレポート(DBIR)によると、ハッキングによるデータ盗難の81%はパスワードの漏洩または脆弱なパスワード設定によるものとされています。

image_databreach_reduced.jpg

どんなセキュリティソリューションでも、完全なセキュリティを保証することはできませえんが、生体認証はセキュリティチェーンを強化することができます。生体認証データは、個人特有のデータであることに加えパスワードを持たないセキュリティソリューションを提供することができます。

〝1200万人以上が、ここ最近の医療情報漏洩の被害にあっています。そしてデータの盗難によって、更なる危険に晒されているのです。″

Jared Weber, USA Today

〝CBPは、旅行者やライセンスプレートの番号データなどがデータ盗難にあったことがあるとのことです。″

Zach Whittaker

〝オーストラリアで起こった情報漏洩で1000万人分のデータが流出しています。(OAIC)″

Asha Barbaschow

〝大手ホテルチェーンで、第三者によるデータ盗難があり、個人情報の流出の恐れがあります。″

Scott Ikeda, Cyber Security News

〝警察は南ウェールズ大学のデータ流出の事件を調査しています。″

ITPro Newsletter

〝法医学サイバーチームは、2000万人の病院患者の記録の流出について、調査を進めています。″

Connor Jones

Kensingtonの生体認証ソリューション

フィジカルディバイスのリーダーとして、生体認証ソリューションをご提供できるのは当然のことです。

circle_Verimark@2x.png

VeriMark™ 指紋認証キー

K67977WW

詳しく製品について見る

circle_VerimarkIT@2x.png

VeriMark™ IT 指紋認証キー

K64704WW

詳しく製品について見る

 

2017年、FIDO U2F(2nd Level authentication)およびWindows Hello™対応のUSBセキュリティソリューション Veri Mark™指紋認証キーを発売しました。Veri Mark™指紋認証キーは、個人ユーザーやSOHOユーザーに最適のソリューションです。

2019年、KensingtonはVeriMark™ IT指紋認証キーを発売しました。このソリューションは、Windowsの環境でパスワードの入力の要らないログインを提供し、Match-in-Sensorテクノロジーを採用しています。既存のITインフラに使用でき、Windows Hello™、Windows Hello™ for BusinessおよびEdgeブラウザで他のMicrosoftソリューションに対応しているので企業での使用に最適です。ユーザーは安全にログインできる一方で、IT部門は従業員のアクセス権限やパスワードを管理できます。s.

セキュリティをいつどこでどのように必要とするか

企業での使用

企業での使用

VeriMark™ ITは、既存のITインフラに簡単に使用することができ、Windows Hello™、Windows Hello™ for BusinessおよびMicrosoftのEdgeブラウザ上でのサービスに使用でき、ITチームは簡単に従業員のアクセス権限やパスワードを管理することができます。

政府での使用

政府での使用

VeriMark™ IT は、指紋データを読み込みプライバシーを保護し、GDPR、BIPAやCCPAの基準に沿ったサイバーセキュリティ対策を行えるようにしています。 *生体認証はGDPRに対応しています。

個人ユーザーでの使用

個人ユーザーでの使用

VeriMark™指紋認証キーおよびVeriMark™ IT指紋認証キーは、箱から取り出してすぐ使用でき、Windows Hello™、Google,、Dropbox、GitHubやFacebookなどのログインに使用でき、有名なパスワードマネージャーに対応しています。

Kensingtonはユーザーをサポートします。

生体認証についての質問や、その他の質問もお待ちしております。

  • お問い合わせ
お問い合わせ Chevron Icon

プレセールスサポート: kensington@accobrands.co.jp

販売後サポート: 04-7129-2135

製品サポート